Scroll

植松ゆりか

Yurika Uematsu

現代美術家

幼い頃はアダムとイヴが最初の人間だと思っていました。でも、学校でホモ・サピエンスを教わりました。
ふたつの世界の間での葛藤は、私が世界をどう捉え、どう生きていくかという問いかけでした。
罪悪感や自責の念に押しつぶされそうになって固まってしまった心は、自分の生の感覚に正直になる事で少しずつ 自由になっていきました。
それは、相反する感覚・感情を同時に感じ取り、認める時に起こる直感です。どちらかではなく、 どちらも引き受けた存在をこの世に生み出す事が、 今この世界で生きる自分を肯定できる方法でした。

I was taught that Adam and Eva were the first human beings when I was young. School, however, told me about Homo sapiens.
The conflict between two thoughts asked me how to capture the world and to live in the world.
My mind, which had become restricted by the feeling of guilty and self-blame, was gradually free from them, being honest towards my own feeling of living. It was the intuition that occurs when you feel and recognise the incompatible sense or feeling. To create the special works that take on the both, not only one side, has been the way to respect my self living in this world right now.

View more

Exhibition

展示会

View more

Porcelain art pieces

陶磁作品

GILLREAM

ギルリーム

GILLREAM (ギルリーム)と名付けた磁器による作品群は、個人的な罪をテーマに、 その罪の意識を反転させて生きる原動力に変えようと 試みている未完のシリーズで、現在も制作し続けています。 そのパーツを、アミュレットのように身につけられるものにしました。

GILLREAM is the name of my unfinished series of the works made of porcelain, which I am trying to change my feeling of the guilt to a motivation to live. I turned its parts to accessories like amulets.

Artworks

作品

View more

Contact me

お問い合わせ